事業資金は借りずに調達できる!?ファクタリングの強みとは

事業ローンが使えないときに重宝する

事業資金を緊急で用意したいとき、借入では間に合わないことがあります。事業ローンから借りるにも、審査に数週間もかかるというケースはよくあります。ファクタリングはそんなときに役立つ事業資金の調達法で、売掛債権を売却して資金調達する方法です。正確にはローンではありませんが、売掛金を譲渡するという性質から担保ローンに近いです。ローンと違うのは返済義務がないことで、それゆえ個人信用情報に登録されることもありません。信用情報の履歴にキズをつけることなく現金を調達できるため、すでにローンを滞納している人の資金調達法として適しています。審査では売掛先の支払い能力が最優先されるので、申込者の返済能力は低くても問題はありません。

手数料と掛け目を把握しておこう

ファクタリングで事業資金を調達するときは、必ず手数料が発生します。近年はファクタリング会社が増えているので競争原理によって手数料は下がってきていますが、それでも5%以上になることが多いです。中には20%を超える手数料を設定する会社も見られるので、利用するときは手数料の上限に着目してください。1~20%という設定になっている場合、20%の利率が適用されるのが一般的です。手数料の利率に幅があるときは、一番高い利率が適用されることが多いです。ファクタリングは掛け目も設定されており、これは売掛金の担保価値よりも低く見積もりされる仕組みとなります。例えば売掛金が300万円で掛け目が90%なら、調達できる金額は270万円までとなります。

企業が保有している売掛金などを専門の業者が買い取ることをいいます。これには業者だけではなく、オンラインでできるクラウドファクタリングもあります