心理系の学部に進学するなら学びたい分野をはっきりさせておこう

心理学には様々な分野がある

大学で心理学を学びたいと考えた場合、まずはどのような分野を選択するかを決めておく必要があります。記憶や思考などの基本的な機能の研究であれば認知心理学、カウンセリングや心理療法について学びたい場合には臨床心理学というように心理学には様々な方向性があるため、自分自身の興味や大学を卒業してからの活動の場などを考慮して決めましょう。専攻の分野が決まったら、その分野に関して精通した先生がいる大学を選ぶことが大切になります。各大学によって得意とする分野も違うことから、大学のホームページ等でよく調べましょう。

大学によっては、臨床の心理と文学部系の心理に分かれている場合もあるので注意が必要です。例えば、心理カウンセラーや臨床心理士を目指すのであれば、臨床のある心理学部を選択する必要があります。また、犯罪心理学や臨床の分野で著名な教授がいる大学の人気は高く、入りづらいケースも多いです。そのため、受験の際には大学の偏差値とは別の基準として気を付けておくと良いでしょう。

資格を取るには大学院を視野に入れておこう

卒業後に心理の分野で働くためには、臨床心理士や認定心理士の資格が必要になることがほとんどです。それらの認定試験の受験資格を得るには、大学卒業後に指定大学院か専門職大学院を修了する必要があります。そこで初めて心理検査やカウンセリングを実践的に学ぶことができます。従って、大学在学中に院進学のための準備が必要になることも認識し、自身の進路を考えておきましょう。

心理学の大学は通信コースを開講していることが多いです。ゆとりをもって単位取得ができますので、働きながら卒業・資格取得が目指せます。