いずれ仕事にしてみたい!上手にイラストを描くコツ

上手なイラスト作成には修行が必要

アニメや漫画が好きな方だと「自分も上手にイラストを描いてみたい!」という気持ちが湧きますよね。実際かわいい女の子の絵やドラゴンのイラストなど、挑戦してみても描けそうで描けない…。そんな経験はありませんか?上手にイラストを描いて、いずれはそれを仕事にしてみたいと考える方も少なくないと思います。

そんな人には、基礎的なことかも知れませんが、やはりまず練習です。『絵師』や『イラストレーター』と呼ばれる人たちも、最初からそんな上手に絵を描けたわけではありません。過去絵としてアップされているものを見てみると一目瞭然です。とにかく描きたいものをたくさん描く。すると、物の形や、素材の表現の仕方などが見えてくると思います。数をこなすことが力につながります。また、画材のチョイスも大事です。デジタル(イラストレーションソフト)やアナログ(コピック・水彩など)、たくさん種類があるので自分のあったものを選び、それを中心として何度も何度も反復練習してみましょう。

イラストを仕事に繋げるには?

ある程度満足できるえになれば、展示会を開いたり、クラウドソーシングのサイトでイラストコンペへ応募したりすることで、イラストに価値がつき、仕事へと繋がることがあります。沢山のメディアに挑戦し、最初はお小遣いくらいの収入でも、続けていき顧客ができることで、イラスト一本でも稼げるようになってゆきます。諦めずに、沢山イラストを描いて、沢山のコンペに発表してみましょう。

通信教育でイラスト講座を受講すれば、スクールに通うよりも費用が安くて自分のペースで学べるメリットがあります。